東京あきる野市と八王子の里山の国産はちみつ生産販売|健康自然工房 養蜂園|はちの子、プロポリス

プロフィール

工房長 代表取締役 犬飼 博 のプロフィールと一言

工房長近影

 当工房の代表・犬飼 博は、1970年代に、20歳の時にアルゼンチンに移住。広大な牧草地のなかで営まれる養蜂の仕事に従事、日々、ハチの生態に接していました。

 その間に学んだ整体治療の技術を生かし、帰国後、整体治療院を開業のかたわら、プロポリスの製造に着手しました。

 整体治療に通ってくる患者さんが、プロポリスを飲用することで、体力の改善に著しい相乗効果をあげるのを見て、代替治療としてのいわゆる「健康食品」に確信を持つにいたりました。

 以来、抗腫瘍作用を持つ製品の研究・開発・製造に力をそそいできましたが、その上で、10年に渡る数々の臨床体験をふまえ、当社手作りの「プロポリス濃厚エキス」に加え、「日本蜂の子」

 「アミノ酵素」も、身体に及ぼす力が抜群に優れていると確信するにいたりました。

 さらに、当治療院に蜂針療法も加え、疾病の悩みを抱える、それぞれの症状に応じて、もっとも効果の高い方法をためしています。

 「健康自然工房」は、ご相談者と代表・犬飼 博が、双方で納得のいく方法を見出し、健康な身体と伸びやかな心を取り戻すお手伝いをする場所と考えております。 

 そのためには、目が届く範囲の規模が望ましく、大量生産や、販売のみを行うのでなく、あくまでも当工房の「手作り」にこだわっているのです。

 ぜひ当社の自信作をお試しいただき、ご自身の身体でそれを証明されることを願ってやみません。

 将来はみどり豊かな場所で、自然と共生できる空間を持ち、身体を癒し、健康を取戻しながら

 暖かい人間関係を創造する「癒しの工房」を開きたいという夢を抱いています。

 健康自然工房養蜂園は現在約200群の養蜂家に成長しました。


powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional