東京あきる野市と八王子の里山の国産はちみつ生産販売|健康自然工房 養蜂園|はちみつ、プロポリス

女王蜂のフェロモンに惹きつけられ

女王蜂のフェロモンに惹きつけられ 〜2007年03月18日〜

女の子

 暖冬が続き、ミツバチたちの動きが、すごく活発になっていると聞き、3月18日、あきる野市の栗林の隣の、養蜂場にでかけました。 

 今回は、いつもの3人組のほかに、フォトグラファーNさん。 韓流ドラマのマニアなので、話題に事欠きません。

 この日は、寒さがぶり返して風が強かったのですが、蜂たちは、それこそ、うれしさを体いっぱいに表現して動きまわっていました。さなぎから脱皮したばかりの、若いミツバチたち。  

 透き通るような若々しい薄黄色です。若いというのはいいなと思います。熟年の蜂たちが、なにやら疲れているように見えました。

女王蜂

 それでも、若きも老いも、巣脾(すひ)にびっちりと並び、それぞれの役割を果たしています。

 今の時期は花粉運びが多く、お尻に白や黄色の花粉をつけたミツバチが、狭い巣箱から、なかへ入っていくさまはほんとうにほほえましいです。

 女王蜂の生んだ卵は、蓋をされ蜂の子に成長してから、この蓋を自分で破って蜂になって飛び立つのだそうです。 女王蜂は、7~8千匹のミツバチの卵を、たった一匹で、生むと聞いてびっくりです。 巣脾の中のミツバチの動きを見ると、みんな女王蜂の方向に頭を向けて動いています。女王蜂の発散するフェロモンに引き寄せられて居るのだそうです。自然界の営みのほうが、率直でいいなあと思ったら、フォトグラフファーのNさんは、すかさず「ペ・ヨンジュンを慕う中年女性と同じね」ですって。・・・・

あきる野の ミツバチと行く 梅見かな

記念写真


powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional